長期視点にたったOJT

指導が上手な先輩社員による教育を行おう

OJTを通じて若手社員の人材育成を効果的に行うには、指導が上手な先輩社員に教育を任せることがポイントです。また、長期視点を重視してOJTの計画を立てるにあたっては、人事担当と各部署の管理職が意見を出し合って、有意義な研修の機会になるよう努めることが大事です。最近では、職場内で専門的業務の教育を実施している企業が多くありますが、先輩社員が日ごろから個々の若手社員の経験や能力、適性などを総合的に把握して、随時教育方法を見直すことが大切です。なお、教育効果の良し悪しについては、OJTに携わる先輩社員の指導の仕方に大きく左右されるため、初めて社員教育を実施するにあたり、教育担当者へのサポートを万全に行いましょう。

OJTのプログラムを作成しよう

若手社員が目的意識を持ってOJTに取り組むには、長期にわたる教育プログラムを用意して、業務の合間を縫って苦手な分野をしっかりと克服できる環境を整えましょう。大手企業の中には、OJTのプログラムを作成するために、様々な教材を導入したり、教育担当者に外部の研修やセミナーを受けさせたりしているところが少なくありません。また、OJTの効果測定をするためには、社員教育に関する専門知識や経験が必要となるため、時間を掛けて各職場の教育担当者のスキルを高めることが肝心です。その他、OJTの効果を少しでも高めるために、早いうちから外部の社員研修のサポートを行っている専門業者にアドバイスをもらって、将来に繋がる教育のテーマを考えましょう。