外部講師によるマナー教育

中小企業でもレベルの高い教育を受けられる

中小企業は大企業に比べると管理業務を行う人材の確保が難しく、人材教育も人事部等専門の部署が行えないときがあります。自社内で行うとしても他の業務と掛け持ちになるため、あまり高度と言えない教育しか提供できないかもしれません。マナー教育だと社内の先輩社員などが行うときがあり、人によって教育の質のレベルが一定しない問題があるでしょう。そこで利用したいのが外部講師の利用で、専門的にマナーを教えているプロに来てもらいます。常にマナー教育をしている人が来てくれるので、これまでマナーがしっかりできなかった人に対してもきちんと身に着けられるような指導をしてもらえます。レベルの高いマナー教育が受けられれば社員のマナーの向上が可能になるでしょう。

外部だと最新の教育を受けられる

社員教育に関する専門部署を設けているところもあれば、社員教育は総務部などが他の業務と兼務して行うときもあるでしょう。他の業務と兼務するとなると社員に対するマナー教育はあまり変わった内容を行えず、何年も前から同じ内容で教育を行うときもあります。かつては時代の最先端であったマナー教育だったとしても、同じ内容だと既に時代遅れになっているかもしれず、そんな教育をしていると社員の質を下げる可能性が出てきます。外部講師を招いてマナー教育を行うとき、その講師がマナーを専門的に教える人だとすると常に最新のマナーに関する情報を元に教育を行ってくれるでしょう。最新のマナーを身に着けていれば社員の質が向上していき、会社全体の質の向上にもつながっていきます。