研修会や講習会の活用

社外で受けられる教育の特徴を調べてみよう

社員のスキルアップを目的として専門的業務の教育を行いたい場合には、自社内だけで上手く対応できないケースも少なくありません。特に、それぞれの社員の能力や経験がバラバラな企業においては、研修の実施に向けて長い期間が掛かったり、多額のコストが発生したりすることもあります。そのため、一人ひとりの社員が自主的にスキルを身に付けられるよう、定期的に外部で行われている研修会や講習会の参加をすすめることが大切です。例えば、技術系の職種を対象とした研修会や講習会は、参加料金がやや高めに設定される傾向があるものの、新入社員から中堅社員まで業務に直結する事柄をマスターするために絶好のチャンスとして捉えられることもあります。

人材育成に定評がある企業で実施されている研修を参考にしよう

社員教育の一環として研修会や講習会を活用するにあたって、早い時期から社員の人材育成に努めている様々な業界の企業の取り組みを参考にすることがおすすめです。一般的に、体系的な知識や技術の習得のためには、各方面の優秀な講師による指導が必要となることもあります。そのため、人事の担当者同士で話し合いをするだけでなく、社内の各部署に相談をしながら、様々な立場の社会人の間で評判が良い研修会や講習会の教育効果について理解を深めることが大切です。また、社員教育に掛かるコストや期間については、各企業の業種や事業内容によって大きな違いがありますが、企業の核となる人材を育てるために、将来を見据えて教育計画を立てましょう。