管理部門による業界独自のマナー教育

外国人社員を対象にしたマナー教育

人手不足によって、日本企業でも外国人社員を採用するケースが増えています。日本特有のビジネスマナーもあり、戸惑ってしまう外国人社員も少なくないようです。特に営業職は、社外の人間と関わる機会が多いため、日本のマナー教育が欠かせません。例えば日本では、名刺交換を重要視しています。名刺の渡し方にも作法があり、そのルールを無視することはマナー違反とされています。一方で海外では、名刺交換を必ずするとは限らず、名刺の渡し方にも決まりはありません。また、日本語の言葉遣いに苦労する外国人も多いようです。尊敬語・謙譲語・丁寧語といった敬語を、相手に応じて使い分ける必要があるからです。日本人でさえ、敬語には悩まされますよね。

海外に対応したマナー教育

海外企業と日常的にやり取りする、グローバルな日本企業も珍しくありません。海外のビジネスシーンでは、その国に合わせたマナーが求められます。日本のマナーが通用しないケースも多々あるため、世界を意識したマナー教育が行われています。例えば、日本式のあいさつはお辞儀になりますが、欧米ではアイコンタクトを取りながら握手をするのが一般的です。日本人同士がペコペコと頭を下げている姿は、外国人からすると滑稽に見えることもあるそうです。他には、年功序列が根強く残る日本では、年齢や役職によって敬うべき優先順位が決まります。一方で欧米は、レディーファーストの文化です。プライベートに限らずビジネスシーンでも女性が優先されます。