社会人としてのマナー教育

優秀な人材であっても、社会人としてのマナーを知らない若者が多いのも実情です。また、業界特有のマナーも存在しますので、社員教育のうち、マナー教育は非常に重要です。マナーを欠いた対応は、会社のイメージを損ね大きなダメージを与えることもあります。ここでは、学生にはなじみのない社会人の常識を新入社員に伝える方法を解説します。

外部講師によるマナー教育

中小企業は大企業に比べると管理業務を行う人材の確保が難しく、人材教育も人事部等専門の部署が行えないときがあります。自社内で行うとしても他の業務と掛け持ちになるため、あまり高度と言えない教育しか提供…

管理部門による業界独自のマナー教育

人手不足によって、日本企業でも外国人社員を採用するケースが増えています。日本特有のビジネスマナーもあり、戸惑ってしまう外国人社員も少なくないようです。特に営業職は、社外の人間と関わる機会が多いため…

部署ごとのマナー教育

実務で役立つマナーを中心に学ぼう

社会人としてのマナーを向上させるために、様々な機会にマナー教育を実施している企業は全国に多くあります。特に、営業や事務など取引先や顧客と接する機会が多い部署において、本格的にマナー教育を実施したい場合には、実務に役立つ内容を学べるように計画を立てることが重要となります。また、集合研修ではなく、部署ごとのマナー教育をメインに行うにあたっては、管理職やベテラン社員が率先して、一人ひとりの若手の社員に対して挨拶や名刺交換、電話応対など様々なスキルを教えることが大事です。また、短期間のうちに効果的にマナー教育を進めるために、希望者を対象に秘書や事務の業務に関連する資格取得をサポートするのも良いでしょう。

各部署でマナー教育を担当する社員を育成しよう

顧客サービスの向上のために、社内の各部署でマナー研修を行うにあたっては、早い時期から教育を主に担当する社員の育成をすることがとても大切です。特に、一般の社員が部下や後輩の社員の指導方法をマスターするには、ある程度の期間が掛かるため、人事部の担当者の間で長期的な視点でマナー教育の重要性について理解を深める必要があります。また、部署ごとのマナー教育の費用については、主な教育のテーマや期間によっても大きな差が出ることがあります。そうした中、教育マナーの担当者のサポートを効果的に行ううえで、社員のマナーの良さに定評がある様々な企業の教育の取り組みについて、色々な資料を用いてじっくりと調べてみることがおすすめです。

専門的業務の教育

社会人としてのマナー習得の次には、当然ながら業務上の教育を行います。マナー教育と並行して行う場合もあります。業種によりさまざまですが、業務上の教育は専門的になることが多く、また、習得までに時間を要する傾向があります。ここでは、いわゆる「プロ」を育成するための手法を紹介します。

研修会や講習会の活用

社員のスキルアップを目的として専門的業務の教育を行いたい場合には、自社内だけで上手く対応できないケースも少なくありません。特に、それぞれの社員の能力や経験がバラバラな企業においては、研修の実施に向…

長期視点にたったOJT

OJTを通じて若手社員の人材育成を効果的に行うには、指導が上手な先輩社員に教育を任せることがポイントです。また、長期視点を重視してOJTの計画を立てるにあたっては、人事担当と各部署の管理職が意見を…

適材適所に基づいた社員教育

企業が自社で働く社員に対して教育をする場合、重要になるのが適材適所という考え方です。社員には一人一人個性があって、能力も異なっているために、仕事をするうえで最適な場所を見つけることが、企業の業績を…

社員教育は何のためにするの?

社員教育は能力に合わせて覚えさせる内容を決め、仕事に対してやる気を出せるようにすると効率が良くなります。